Google

GoogleサービスとGoogleアカウントの関係って?

GoogleアカウントとGoogleアカウントの関係?

2018年現在、Googleの検索エンジン世界シェアはなんと90%。

日本国内でもGoogleを使用している人は日本インターネット人口約1億人の90%以上。

 参考:「世界40カ国、主要検索エンジンシェア【PC、モバイル】~主要検索エンジンに迫る国独自の検索エンジン~」 

 

あなたも何かわからないことがあったときにGoogleで検索したことがあるかと思います。

知っていると思いますが、Googleは検索だけに限らずあらゆるサービスを提供してくれています。

 

Googleサービスは100以上。

その中でも私たちの生活を快適にし、仕事を効率よくできるGoogleサービスを知らない方は↓の記事を一度みてみてください。

Googleサービスを厳選してご紹介しています。

 

とても便利なGoogleサービスを利用するためには、Googleアカウントが必要。

これからGoogleサービスとGoogleアカウントの関係についてご説明しますね。

GoogleサービスとGoogleアカウントは切れない関係

「Googleカレンダー」や「Googleフォト」などのGoogleサービスをつかう際、つかっている人がだれか判別するために、ユーザー名(メールアドレス)とパスワードを入力してログインします。

 

このログインする時につかうユーザー名とパスワードを合わせて「Googleアカウント」といいます。

Gmail(ユーザー名):◯◯◯@gmail.com

パスワード:△△△△△△△△△

「ユーザー名(メールアドレス)+パスワード」のセット=Googleアカウント

 

Googleアカウントは無料で作成できます!

 

Googleサービスをつかう際は、

最初に「Googleアカウントにログインして!」とGoogleにおねだりされます。

Googleアカウントがあれば全Googleサービスをつかえる

Googleアカウント

Googleアカウント1つあれば、Googleサービスのすべてをつかえます。

いわば、Googleアカウントは全Googleサービスをつかうための共通パスポートのようなもの。

 

ピチピチのOL
ピチピチのOL
サービスごとにGoogleアカウントをつくらないといけないと思ってたわ。でもちがったんだね!
そーだよー!よくサービスごとにGoogleアカウントつくらないとダメと思っている人がいるんだけど、そんなめんどくさいことはしなくてOK!

 

デバイス間で同期もできちゃう

全デバイス

同じGoogleアカウントでログインすると、データや設定を同期することができます。

つまり、パソコンやスマートフォンといった異なるデバイスで同じ情報を共有できるんです。

 

Googleカレンダーで実験!

たとえばスマホでGoogleカレンダーに予定を追加して、パソコンでもみれるかみていきましょう。

 

まずはスマホのGoogleカレンダーに予定を追加します。

Googleカレンダースマホ

※Googleカレンダーへの予定の追加方法は省略します

 

スマホのGoogleカレンダーに予定が追加されました。

Googleカレンダースマホ②

では、パソコンでGoogleカレンダーを表示した際に追加した「初詣」の予定が1月2日に同期されているか確認してみましょう。

Googleカレンダー予定

はい!

このようにスマホでGoogleカレンダーに予定を追加して、違うデバイスのパソコンでも同じ予定を確認することができるんです。

 

同じGoogleアカウントでログインすれば、デバイス間で同期できる

1人で何個もGoogleアカウントをつくれる

Googleアカウント使い分け

先ほど、Googleアカウント1つあればすべてのGoogleサービスを利用できると説明しました。

一方、1人でGoogleアカウントをつくり、それら複数のGoogleアカウントを切り替えてつかうことも可能なんです。

 

ぼくは仕事とプライベート、あるいはGSポケットと私用のGoogleアカウントを追加分けています。

 

ちなみに、Googleはマルチログインに対応しているため、別のGoogleアカウントに切り替えるときに「ログアウト→別アカウントでログイン」といった動作をする必要はないんです!

同じブラウザ(Google Chromeなど)でGoogleアカウントを2クリックで切り替えられます。

アカウントの安全対策もバッチリ!

Googleアカウント管理画面

アカウントの情報やセキュリティの管理も簡単にできます。

 

アカウント管理画面の項目
  • ログインとセキュリティ
    • Googleへのログイン
    • 端末のアクティビティとセキュリティ イベント
    • アカウントにアクセスできるアプリ
  • セキュリティ診断
  • スマートフォンを探す
  • 個人情報とプライバシー
    • 個人情報
    • 連絡先
    • Googleでのアクティビティの管理
    • 広告設定
    • コンテンツの管理
  • プライバシー診断
  • マイアクティビティ
  • アカウント設定
    • お支払い
    • 購入、定期購入、予約
    • 言語と入力ツール
    • ユーザ補助
    • Googleドライブストレージ
    • アカウントやサービスの削除

 

登録している情報の変更したいとき、セキュリティが安全か確認したいときなどはこちらの管理画面でできます。

Googleサービスが利用できるWEBブラウザ

Googleサービスは、基本的にパソコンとWEBブラウザがあれば利用できます。

ただし、快適に利用するには、WEBブラウザの対応状況をチェックしないとダメです。

サポート外のブラウザを利用すると正しく動作しない可能性があるんですよね…

 

 

よくつかわれているブラウザは主に上記した4つです。

この中でもGoogleサービスのすべてをつかえるのは、最新版のGoogle Chrome(グーグルクローム)だけ。

 

それ以外の対応ブラウザーでは、新機能が追加されたときに対応が遅れる場合があります。

特にこだわりがなければGoogle Chromeをつかうといいですよ!

Googleサービスとアカウントの関係まとめ

Googleサービスをつかうための、もっとも基本的なことを説明してきました。

まずはGoogleサービスとGoogleアカウントの関係をしっかり把握しておいてください!

 

まとめ
  • GoogleサービスをつかうためにはGoogleアカウントが必要
  • Googleアカウント1つあればすべてのGoogleサービスがつかえる
  • 同じGoogleアカウントでログインすればデバイス間で同期できる
  • 1人でいくつものGoogleアカウントをつくれる
  • アカウントの管理は1つの画面でできる
  • すべてのGoogleサービスを利用できるのはGoogle Chromeのみ