Google

【新参者向け】Google検索方法の種類・コツ【雛形】

Googleをつかい始めたばかりのあなたは

  • なかなか探したい情報をみつけられない…
  • どう検索したらほしい情報をみつけられるかわからない…

と思うことがあると思います。

 

ぼくはWEBマーケティングという職業についているのですが、職業柄でWEBの最新情報を入手するために毎日最低でも20回ほどは検索してほしい情報をみつけています。

ほしい情報がなかなか見つからない度に「くっそー!みつからねー!」と思い、検索する工夫を考えています。

その日々の中で蓄えた方法をお話していきます。

 

今回は100種類ほどあるGoogle検索の内、もっとも基礎的な内容を解説していきます。

知っている検索方法は読みとばしちゃってください。

紹介するGoogle検索の種類・コツ
  1. 語句の意味を調べる
  2. 「一番近い◯◯」を調べる
  3. 天気予報を調べる
  4. 郵便番号を調べる
  5. 計算機として使う。「◯◯割引」も計算できる
  6. 英和辞典顔負けの翻訳機能
  7. 単位変換で海外の商品を楽チンに計算できる
  8. 好きなスポーツチームや選手の試合や大会情報を調べる
  9. 数値の範囲を指定して「◯◯円から◯◯円まで」の商品を探す
  10. タイマーとして使う
  11. ストップウォッチとして使う
  12. 日の出・日没の時刻を調べる
  13. 航空便を調べる

日常生活でつかえる検索方法・コツ

1.語句の意味を調べる

語句の意味を簡単に調べる方法は主に2つあります。

  1. 【◯◯とは】で検索
  2. 【◯◯ 意味】で検索

たとえば、ぼくの仕事である「WEBマーケティング」の意味を調べてみます。

※「WEBマーケティング」と「とは」の間にスペースを入れても入れなくてもどちらでも構いません。多少検索結果ページに表示されているWEBページの順番が異なります。

 

▼[WEBマーケティングとは]で検索

WEBマーケティングとは検索

▼[WEBマーケティング 意味]で検索

WEBマーケティング意味検索

どちらで検索しても多少表示されている結果が異なりますが、「WEBマーケティングの意味を知りたい」という希望に応えてくれそうなページが表示されています。

2.「一番近い◯◯」を調べる

Googleではあなたが現在いる場所から一番近いスーパーや商店街を探してくれます。

たとえば、[一番近いガソリンスタンド]と検索してみます。

※ぼくの住んでいる場所が判明してしまうため、画像はモザイクいれています。

ガソリンスタンドGoogleマップ

 

  • コンビニ
  • スーパー
  • トイレ←公衆トイレが表示されます…すごい…
  • 郵便局
  • 銀行
  • ホームセンター
  • マクドナルド
  • 道の駅

などなど大抵の場所は表示されます。

試してみてくださいね!

3.天気予報を調べる

日頃、テレビやアプリで天気予報を調べることもできるのですが、他のことを検索しているついでに「そういえば今日の天気なんだっけ?」と思ったときにさりげなくつかえる機能。

 

よく勘違いしている人が多いですが、[天気 自分が住んでいる市区町村]と検索しなくても[天気]だけで自分の住んでいる地域の天気予報がわかります。

天気検索

 

また自分の住んでいる地域だけでなく、調べたい特定の地域の天気予報も調べられます。

ロサンゼルス天気検索

4.郵便番号を調べる

ぼくは自分が住んでいる住所や特定の地域の郵便番号を書く機会が多いので、この機能には助けられるシーンが多々あります。

検索窓には住所を入力すれば簡単に郵便番号が表示されます。

郵便番号検索

 

逆に郵便番号を検索窓に入力すると、郵便番号に該当する住所が表示されます。

5.計算機として使う。「◯◯割引」も計算できる

足し算、引き算、掛け算、割り算ができる人は多いです。

基本的な計算式の入力方法

足し算:3+4

引き算:3−4

掛け算:3*4(「*」でも可)

割り算:3/4

 

Google検索の計算機がつかえるシーンは、たとえばあなたが洋服を買いにいったとします。

「めっちゃイイ!」と思った9999円の洋服がなんと4割引だったとき、とっさにいくらかわかりますか?

わかる人はいいのですが、わからない人はGoogle検索機能が解決してくれます。

[9999円の4割引]と検索してください。

割引計算検索

6.英和辞典顔負けの翻訳機能

英語を日本語、日本語を英語など翻訳も簡単にできます。

ぼくはよくアメリカのWEBマーケティングの情報を集めているのですが、英語でわからない単語や文があればGoogle検索して調べています。

▼【英語=>日本語】の場合、[◯◯]あるいは[◯◯ 日本語]と検索

fashion翻訳検索

▼【日本語=>英語】の場合、[◯◯ 英語]と検索

ファッション翻訳検索

ちなみにGoogle翻訳の対応言語は100ヶ国を突破しています(2016年時点)。
(参考:「Google翻訳の対応言語が100カ国を突破、オンライン人口の99パーセントをカバーに」)

7.単位変換で海外の商品を楽チンに計算できる

あなたが海外のショッピングサイトでほしい洋服が125ドルだったとします。

一発でGoogle検索をつかえば、ドルを日本円に変換することができます。

[125ドル]と検索すればOK!

為替変換検索

ちなみに変換可能な通貨は100以上あります。

 

他に変換できる単位は以下の通り。

  • 温度
  • 長さ
  • 質量
  • 速度
  • 体積
  • 面積
  • 燃料消費量
  • 時間
  • デジタル保存

(引用:Google検索ヘルプ「電卓、単位変換、色コードの管理」)

8.好きなスポーツチームや選手の試合や大会情報を調べる

好きなスポーチチーム名・選手名を検索するだけで、試合や大会の速報が表示されます。

2020年東京オリンピックで活躍する機能ですね!

サッカー日本代表検索
錦織圭検索

9.数値の範囲を指定して「◯◯円から◯◯円まで」の商品を探す

2つの数値の間に「..」を入力することで数値の範囲内で検索することができます。

活用例としては、あなたの予算に応じて商品を探すときにつかえます。

たとえば、あなたがダウンジャケットを5000円から10000円くらいで購入を検討しているとします。

その場合、[ダウンジャケット 5000円..10000円]と検索してください。

商品数値範囲検索

ショッピングサイトで10000円以下のダウンジャケットが表示されます。

この機能は意外とつかえますよー!

10.タイマーとして使う

あなたが手元にタイマーがない場合、Googleで代用できます。

ぼくはよく時間を制限してパソコンで仕事するのですが、その際につかってます。

[20 min timer]と検索してください。

※タイマー機能をつかう際はGoogleの言語を英語に設定してください。

タイマー検索

11.ストップウォッチとして使う

タイマーと似ている機能がストップウォッチです。

タイマーと同じくGoogleの言語を英語に設定しないとつかえません。

[stopwatch]と検索することでストップウォッチがつかえます。

ストップウォッチ検索

12.日の出・日没の時刻を調べる

あなたが親御さんであれば子どもに「日没までには帰って来なさい!」と言う時もあるのではないでしょうか。

あるいは、大学生なら深夜のテンションで「明日、日の出見にいこう!」ってこともあるかと思います。
※ぼくだけだったら申し訳ありません。

[◯◯(地域名) 日没or日の出]と検索すれば時刻を調べられます。
※「地域名」と「日没・日の出」の前後は問いません。

日没時刻検索

13.航空便を調べる

Google検索は本当に優秀です。

フライトナンバー(便名)を入力するだけで、航空機の発着時刻や遅れがあるかといった情報を調べられます。

↓は[NH 19]と検索した際に表示された情報です。

NH19検索

生活につかえるGoogle検索の種類・コツまとめ

Google検索には100種類以上ありますが、今回は日常生活に役立ちそうなGoogle検索の種類をご紹介しました。

意外と知らないGoogle検索の種類もあったのではないでしょうか。

Google検索の種類・コツまとめ
  1. 語句の意味を調べる
  2. 「一番近い◯◯」を調べる
  3. 天気予報を調べる
  4. 郵便番号を調べる
  5. 計算機として使う。「◯◯割引」も計算できる
  6. 英和辞典顔負けの翻訳機能
  7. 単位変換で海外の商品を楽チンに計算できる
  8. 好きなスポーツチームや選手の試合や大会情報を調べる
  9. 数値の範囲を指定して「◯◯円から◯◯円まで」の商品を探す
  10. タイマーとして使う
  11. ストップウォッチとして使う
  12. 日の出・日没の時刻を調べる
  13. 航空便を調べる

ぜひご活用ください!