Google

Googleアカウントを守っていますか?【個人情報保護】

Googleアカウント守れてる?

Googleはとても便利なサービスを無料で提供してくれています。

ただし、メリットにはデメリットもついてくるもの。

 

Googleサービスはオンラインサービスのため、あなたのGoogleアカウントに不正ログインして個人情報を盗む人もいます。

 

しょーご
しょーご
いつの時代もこういう人がいるんですよね…困ったものです…

 

もう6年前になりますが、無料でメールができるGmailを乗っ取られる事態が頻繁におきた時もありました。

 

不正ログインされ個人情報が盗まれると何が起きるかは大体想像できるかとおもいます。

たとえば、あなたが「Google Pay」や「Google Chrome」にクレジットカード情報を保存していた場合、クレジットカードの情報を盗まれて不正にクレジットカードが使用される場合があったり…

 

このような被害を防ぐためにもあなたのGoogleアカウントのセキュリティを万全にしておく必要があります。

(そもそも危険な可能性があるオンラインサービスを使わない方がいいのでは?といったディスカッションは省きます。)

 

Googleが提供してくれているセキュリティ対策について説明していきます。

ざっとGoogleが提供してくれているセキュリティ管理画面でできることを書いておきますね。

セキュリティ管理画面でできること
  1. 不正ログインされた場合に通知してくれる設定ができる
  2. 自分がつかっている端末(パソコン、スマホ等)を登録し、それ以外の端末からのログインを拒否できる
  3. 一定期間の間にログインした端末を確認できる
  4. Googleに登録されている個人情報を確認できる
  5. 心当たりがないログイン履歴がある場合にパスワードを変更できる
  6. Googleアカウントがのっとられた場合のアカウント情報再設定用の電話番号・メールアドレスを登録できる

 

では、どのようにGoogleアカウントに登録している個人情報を保護すればいいか説明していきます。

アカウント情報画面をひらく

まずはGoogle画面右上にあるユーザーアイコンをクリックしてください。

Google検索画面

※通常のGoogle検索画面の背景色は白です。僕の場合はカスタマイズして黒になっています。

 

ユーザーアイコンをクリックすると↓画像のように現在ログインしているGoogleアカウントの情報が表示されます。

Googleアカウント情報内の「Googleアカウント」をクリックするとセキュリティ管理画面がひらきます。

アイコンクリック画面

 

Googleアカウント管理画面②

スマホでのセキュリティ管理画面へのアクセス方法

スマホでセキュリティ管理画面にアクセスするには、

Google検索アプリかGoogle Chromeで「Googleアカウント」と検索してください。

[Googleアカウント]検索結果画面にアクセス

 

すると、↓の画面のようになるはずです。

Googleアカウント検索結果画面

検索結果画面に表示されているGoogleアカウント【https://myaccount.google.com/】をクリックすればセキュリティ管理画面にアクセスすることができます。

ブックマークかホーム画面に追加しとおけば、次回から簡単にアクセスできますよ!

Googleアカウントのセキュリティ管理画面にある情報

Googleアカウントセキュリティ管理画面にはセキュリティ以外にもGoogleアカウントの情報もあります。

 

セキュリティ管理画面にある情報
  • ログインとセキュリティ
    • Googleへのログイン
    • 端末のアクティビティとセキュリティイベント
    • アカウントにアクセスできるアプリ
  • セキュリティ診断
  • スマートフォンを探す
  • 個人情報とプライバシー
    • 個人情報
    • 連絡先
    • Googleでのアクティビティの管理
    • 広告設定
    • コンテンツの管理
  • プライバシー診断
  • マイアクティビティ
  • アカウント設定
    • お支払い
    • 購入、定期購入、予約
    • 言語と入力ツール
    • ユーザー補助
    • Googleドライブストレージ
    • アカウントやサービスの削除

 

あなたのGoogleアカウント情報を守るために知っておくべきことを、読めば実行できるくらい詳しく説明していきます。

Googleアカウントのパスワードを変更する

Googleアカウントのパスワードを変更するには、

管理画面の「Googleへのログイン」をクリックしてください。

Googleアカウント管理画面②

次にパスワードをクリック。

Googleへのログイン

まずは本人か確認するために、現在設定しているパスワードを入力してください。

Googleアカウント本人確認

本人確認が完了すると、新しいパスワードを設定できる画面にアクセスできます。

新しいパスワードを設定

ここで新しいパスワードを2回入力すればパスワードの変更は完了。

自分の覚えやすいパスワードを設定してもいいですが、よりセキュリティを強化したい方は強力なパスワードを設定するといいですよ。

 

 

ぼくはこのブログにアクセスするパスワードなどにこのツールをつかって強力なパスワードを設定しています。

【超重要】2段階認証プロセスを設定する

Googleサービスを利用している人で2段階認証プロセスを設定していない人は危険すぎます。

2段階認証プロセスとは、2重セキュリティであなたの個人情報を守る機能です。

もしパスワードが盗まれた場合、この2段階認証プロセスを設定していれば被害を防ぐことができます。

必ず設定しておいてください!

詳しい方法は「【未設定は危険すぎ】2段階認証プロセスの設定は必須です」で解説していますので、参考にしてください。

Googleアカウントにログインした端末をチェック

Googleアカウントに登録しているメールアドレス宛に登録していない端末からログインされるとメールで通知がとどきます。

ログインメール通知

「アクティビティを確認」をクリックすると、↓のような端末からのログインが安全かどうかを認証する画面になります。

Googleログイン認証画面

もしあなたがつかった端末であれば「はい」をクリックしてください。

 

身に覚えのない端末の場合は非常に危険です。

「いいえ、アカウントを保護します」をクリックし、新しいパスワードを設定してください。

Googleアカウントの不正使用

最近ログインした端末の一覧をチェック

メール通知とは別に管理画面からもログインした端末の情報を確認できます。

アカウント管理画面の「端末のアクティビティとセキュリティ イベント」をクリックしてください。

Googleアカウント管理画面

すると、「最近のセキュリティ イベント」「最近使用した端末」が表示されます。

ログインとセキュリティ

見覚えのない端末が表示されていたら、パスワードを変更して個人情報を保護しましょう。

Googleサービス・アカウントを削除する

個人情報を保護する観点からもつかわなくなったGoogleサービスやアカウントのデータを削除しておくのが無難。

Googleサービスやアカウントのデータも管理画面から削除できます。

管理画面の「アカウントやサービスの削除」をクリックしてください。

Googleアカウント削除

「サービスを削除」「Googleアカウントとデータを削除」が表示されます。

アカウントやサービス削除

サービスを削除

GmailやGoogleカレンダーといった特定のGoogleサービスの使用を停止したい場合は、ここから削除できます。

 

Googleアカウントとデータを削除

Googleアカウントとアカウントに関連付けられているすべてのデータを完全に削除できます。

削除すると、そのGoogleアカウントですべてのGoogleサービスを利用できなくなり、アカウント情報とデータが失われます。

外部サービスに登録する際にGmailを使用している場合などは先にメールアドレスを変更し、Gmailが削除されても困らないようにしくてください。

アカウント削除は慎重に行ってください!

Googleアカウントを削除すると、メールや写真などすべてのデータと設定が削除され元に戻すことができません。

 

セキュリティ診断をする

3分程度であなたのGoogleアカウントのセキュリティが万全かどうかを診断してくれる機能があります。

 

アカウント管理画面の「セキュリティ診断」をクリックしてください。

セキュリティ診断

すると、診断結果が表示されます。

セキュリティ診断結果

↑のような状態であれば特にセキュリティ上の問題はありません。

問題がある場合は該当箇所をクリックして、パスワードを変更してください。

【おまけ】Googleセーフティセンター

Googleセーフティセンター

すべての方がインターネットの安全性を守ることに責任の一端を担っています。ご自身やご家族が安全にインターネットを利用するために知っておきたいことをご紹介します。

(引用:Googleセーフティセンター)

この目的を実現するために、Googleサービスを安全に利用するための情報を提供してくれています。

 

個人情報を保護するためのツールも合計28個用意されています。

Googleアカウントのセキュリティまとめ

Googleアカウントをのっとられてクレジットカードを不正に利用されたり、Gmailで勝手にメッセージが送られることを防ぐためにも、Googleアカウントを守る準備をしておくことは重要。

 

Googleアカウントが乗っ取られないためにもここで紹介したセキュリティは万全にしておきましょう。

 

正直「めんどくさい」と思う方もいるかと思います。

ですが、そのめんどくさいことを10分つかって行えば、Googleアカウントを守れる可能性がぐんと高くなります。

ぜひあなたのGoogleアカウントを守ってくださいね!