Google

【親向け】子どもをネット犯罪から守るセーフサーチとは?

セーフサーチ の 設定・解除方法

Googleは子どもがポルノ・虐待・アダルトなどの不適切なコンテンツと遭遇しないための機能を用意してくれています。

この機能を「セーフサーチ」と呼びます。

 

これから以下の内容を説明します。

  • セーフサーチの使い方
  • セーフサーチが常にオン、オフになる問題の対処法
  • セーフサーチが無効となる要因
  • 知らぬ間にと子どもがネット犯罪にあう危険性
  • セーフサーチと子どものネット犯罪の関係

 

あなたが親であれば、子どもをネット犯罪から守る最低限の手段を知っておく必要があります。

子どもがネット犯罪にあってからじゃ遅いので、事前に今回説明するGoogleセーフサーチも含めて防止策を身につけておくことは重要です!

セーフサーチ機能をオンにすると…

ポルノなどの露骨で過激なコンテンツを検索結果からフィルタリングすることができます

つまり、あなたが何か検索した際に、過激なWebページが表示されなくなり、不快な思いをしなくて済みます。

セーフサーチを使うメリットは…

以下の通りです。

  • ポルノ、アダルト、暴力などを含むページを表示させなくできる
  • 子どもに有害なサイトに触れさせないようにできる
  • 子どもが有害なサイトを見ようとしたとしても親がそれをロックできる
  • 子どもがワンクリック詐欺にあわないようにできる

 

Googleセーフサーチは、アダルトページなどが表示されてうざいなと思われる方、あるいは息子娘に有害なサイトを見せたくないと考える親にとって非常に有能な機能です。

セーフサーチの設定方法

では、【iPhone】【Android】【パソコン】別にGoogleセーフサーチを設定・解除する方法を説明します。

iPhoneでセーフサーチを設定・解除する方法

iPhoneでセーフサーチを設定・解除する方法は、GoogleアプリとGoogleChromeの2パターンあります。

【iPhone】Googleアプリの場合
  1. Googleアプリを起動する
  2. 左上の設定アイコン(歯車マーク)をタップする
  3. プライバシー欄の[検索の設定]をタップする
  4. [セーフサーチフィルタ]に移動するセーフサーチを設定する:
    [不適切な検索結果を除外]をタップするセーフサーチを解除する:
    [最も関連性の高い検索結果を表示]をタップする
  5. [保存]をタップする
【iPhone】GoogleChromeの場合

※タブレットも同様の方法

  1. 検索の設定]に移動する
  2. [セーフサーチフィルタ]に移動するセーフサーチを設定する:
    [不適切な検索結果を除外]をタップするセーフサーチを解除する:
    [最も関連性の高い検索結果を表示]をタップする
  3. 画面下部にある[保存]をタップする

Androidでセーフサーチを設定・解除する方法

AndroidもiPhoneと同様にセーフサーチを設定・解除する方法は、GoogleアプリとGoogleChromeの2パターンあります。

【Android】Googleアプリの場合
  1. Googleアプリを起動する
  2. 右下のメニュー(≡その他)をタップする
  3. [設定]をタップする
  4. [アカウントとプライバシー]をタップする
  5. [セーフサーチフィルタ]に移動するセーフサーチを設定する:
    [セーフサーチフィルタ]のスイッチをオンにするセーフサーチを解除する:
    [セーフサーチフィルタ]のスイッチをオフにする
【Android】GoogleChromeの場合

※タブレットも同様の方法

  1. 検索の設定]に移動する
  2. [セーフサーチフィルタ]に移動するセーフサーチを設定する:
    [不適切な検索結果を除外]をタップするセーフサーチを解除する:
    [最も関連性の高い検索結果を表示]をタップする
  3. 画面下部にある[保存]をタップする

パソコンでセーフサーチを設定・解除する方法

パソコンでGoogleChromeを使用している場合のセーフサーチを設定・解除する方法を説明します。

【パソコン】GoogleChromeの場合
  1. 検索の設定]に移動する
  2. [セーフサーチフィルタ]に移動するセーフサーチを設定する:
    [セーフサーチをオンにする]にチェックするセーフサーチを解除する:
    [セーフサーチをオンにする]のチェックを外す
    (チェックない状態であれば、セーフサーチは解除されています)
  3. ページ下部にある[保存]をクリックする

セーフサーチの事例【エロサイトで検証】

[エロサイト]で検索した際、セーフサーチがオン・オフの時それぞれでどのように検索結果画面が変わるのか検証してみます。

セーフサーチ解除状態
エロサイト検索結果画面

まーエロサイトがずらーっと検索結果画面に表示されていますね。

(世界一のエロサイトリスト!って…)

では、次にセーフサーチを設定した場合どうなるかみてます。

セーフサーチ設定状態
エロサイト検索結果画面セーフサーチオン

一目瞭然ですね!

[エロサイト]と検索してもGoogleが不適切と判断して、検索結果画面にエロサイトが表示されませんでした。

 

このようにセーフサーチをオンにすると、Googleが定めているルールに反するウェブページが表示されにくくなります。

セーフサーチの不具合を解決する方法

Googleセーフサーチも完璧な機能ではありません。
Google社の方が努力してポルノやアダルトなどの不適切な表現を含むコンテンツを表示されないように(フィルタリング)機能の性能を高めています。

しかし、どうしても不具合が生じてしまうこともあります。

不具合の事例別に対処法を説明しますね!

もしこれから紹介する事例以外の不具合については、

お問い合わせページより質問してください。迅速にお答えします。

セーフサーチ設定しているけど、不適切なコンテンツが表示されてしまう場合

この場合の対処法は2つあります!

①サイトをGoogleに報告する

「このサイトは不適切なサイトだぞー!何とかしてくれ!」とGoogleに報告する手段があります。

不適切なコンテンツの報告に該当するサイト(もしくはウェブページ)URLを入力し、[コンテンツを報告]をクリックしてください。

不適切なコンテンツの報告画面

 

GSポケットはアダルトやポルノなどの不適切なコンテンツはありませんので、どうかGoogleに報告しないでください…

②画像を報告する

①はサイト(あるいはWebページ)を報告する手段でしたが、画像を報告することもできます。

Google画像検索した際に不適切なコンテンツが表示されてしまった場合、その画像をGoogleに報告して、今後類似画像を表示されないようにフィルタリングしてくれます。

画像を報告する手順を【スマートフォン・タブレット】【パソコン】別に説明します。

スマートフォン・タブレットで画像報告する手順
  1. 画像の検索結果画面で、報告する画像をタップする
  2. 画像右下にあるその他アイコン(縦に・が3つ並んだアイコン)をタップする
  3. [フィードバックを送信]をタップする
パソコンで画像報告する手順
  1. 画像の検索結果画面で、報告する画像をクリックする
  2. 画面の右下(関連画像の下)にある[フィードバックを送信]をクリックする

セーフサーチ設定が常にオン状態になってしまう場合

実は契約しているインターネットサービスプロバイダ(ISP)、あるいはネットワーク管理者がセーフサーチをオンにすることができるんですよ。

すると自分で設定したセーフサーチが上書きされ、セーフサーチ設定が常にオンになっているケースもあります。

その際は、ご自身が契約しているインターネットサービスプロバイダ(ISP)を確認し、問い合わせてください。

契約しているインターネットサービスプロバイダーが分からない!って方向けに補足すると、代表的なISP社は以下の通りです。「あーそれのことか!」と思い出していただければ幸いです(^^)

主なインターネットサービスプロバイダ

セーフサーチ設定が常にオフ状態になってしまう場合

セーフサーチを設定したけど、設定した状態にならないバグがあります。

このバグはCookie(クッキー)を削除したことで生じている場合が多いです。

Cookie(クッキー)とは、ウェブページを訪問したユーザーの情報を一定期間保存する仕組み、またはそのデータです。

セーフサーチを設定する前にCookie(クッキー)を削除した方は、一度ChromeであなたのGoogleアカウントからログアウトし、再度ログインしてキャッシュを削除してください。

キャッシュの削除方法がわからない方は、スマホとPCでGoogle画像検索できない時の対処法まとめで説明しているのでご覧ください。

セーフサーチは子どもをネット犯罪から守る【守護神】

子どもにアダルトサイトを見せないことが教育上どういうメリットがあるかは不明。

僕は教員免許を5つ所持しており、性教育についても大学時代に探究したんですけど、結論は出せませんでした。

 

ただ親によっては小・中学生の娘息子にアダルトサイトをみてほしくないと考える人もいると思います。

少なくとも、セーフサーチを使うことでネットで問題に巻き込まれる可能性はかなり小さくなります。

たとえば、アダルトサイトを見ていて、いきなり何十万円の請求をされてしまうワンクリック詐欺など(法律上支払う義務はありません)。

 

警視庁の子どものインターネット実態調査によると以下の3つのネット犯罪被害があることがわかりました。

  1. 不正請求された
  2. 断りなく写真をネットに載せられた
  3. チェーンメールが送られた

引用:警視庁「子供の携帯電話やインターネット利用について(2016)

悪質なサイトにアクセスしたことでこのようなネット犯罪にあうケースがあります。

ネット犯罪から子どもを守るためにもGoogleセーフサーチに関する知識は身につけておきましょう。

子どもをネット犯罪から守ろう!

セーフサーチを利用することで全てのネット犯罪を防げるわけではありません。

ですが、ネット犯罪から子どもを守るためにはセーフサーチなど小さなアクションを積み重ねることが重要ではないでしょうか。

まずは、セーフサーチを活用して子どもをネット犯罪から守っていきましょう(^^)

もし周りに小・中学生のお子様がいる親御さんがいれば、このセーフサーチについて教えてあげてください!

よろしくお願いします。